ブログトップ

スタジオインターフェイス&カラーズイクス

コーディネーターNaoのカラーと香りの日々を気ままdiary


by colorish
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ウォーターメロン(スイカ)という赤色

今日のコーディネーターNaoは



季節外れの話で申し訳ないのですが・・・・スイカ色の話でして・・・

f0161931_21510901.jpg

クライアント様と電話やメールで色の話をするとき、DICを双方持っていればいいのですが
ない場合、慣用色で話をすると共通のイメージで話が早いです。


慣用色:普段使い慣れているイメージがわかる言葉

例えば、栗色といえば栗のあの皮の色です。ちょっと茶色に赤みのある焦げ茶色


例えば黄色をイメージさせる時

バナナの黄色=バナナの皮色とか
レモンの皮の黄色などというと想像しやすいし共通しているので
わかりやすいと思います。

極端な例では東京電力の黄色!!っていうことあります(笑)





茶色もお客様と打ち合わせで難しいのですが、

赤色もしかりで・・・

私は信号機の赤程度でしょうか?
もう少し明るければスイカの赤くらい柔らかい赤ですか?

もっと明るい方がいいかな?と思った時は鳥居の赤ですか?と伺います。


人と色の話をする時「慣用色」で話すと色共通できます。


[PR]
by colorish | 2017-01-23 21:52 | color